スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
色々なパターン
夏休みでも旅より家 ネットで充実生活 「巣ごもり族」増殖中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000042-san-soci

どう過ごしても自由ですよ。外に出なくてもお金は使うことだし、経済効果がないということはないのですから。ただ高速1000円というのは嬉しいね。

8月3日7時56分配信 産経新聞

 自宅にこもって、ゆったりと時間を過ごす「巣ごもり族」が増殖中だ。夏休みでも旅行せず自宅で娯楽を楽しむ「巣ごもり家族」や、自宅に直帰して楽なファッションで過ごす「巣ごもりシングル」など形態は異なっても、余暇の大半を自宅で過ごすスタイルは共通。出口の見えない不況の象徴なのか、家で買い物もレジャーもできる、IT社会が生み出した新たなライフスタイルなのか-。(道丸摩耶)

 都内で独り暮らしの女性会社員(33)は、自他ともに認める「巣ごもり族」。仕事が終わると直帰して、録画したテレビ番組やDVDを見て過ごす。休日は「自宅でゴロゴロするのが至福の時間」。日用品や食料品は買いに出かけるが「本やDVD、雑貨などは、すべてネット通販で買う」と“巣”にこもったままの消費も多い。

 平成19年の「流行語大賞」候補にノミネートされた、恋愛を放棄した女性を指す「干物女」とも違う。「恋もするし、必要なら外に出る。家で何でもできるのに、あえて出なくてもいい」(女性会社員)

 巣ごもり族向けの新商品や新サービスも盛んだ。

 巣ごもり生活を送る部屋着商戦に加え、自宅で楽しめるエステ化粧品も登場。DVDやCDをネットで予約して自宅に宅配するTSUTAYAのレンタルサービスも好調で、6月時点で会員数は約72万人。サービスを運営するCCC(東京都渋谷区)は「ネットが普及した19年ごろから利用者がぐっと増加してきた」(広報担当)と話す。

 “外”から“中”への変化の象徴といえるのが、ゲーム業界だ。日本アミューズメント産業協会(東京都港区)の調査によると、6年連続で上昇していたゲームセンターなどのアミューズメント施設の売上高は19年度に減少。一方で、自宅で楽しめる任天堂のゲーム機「Wii」は大ヒットし、「オンラインゲーム」の会員数も増加している。

 こうした「巣ごもり」を、新たなライフスタイルととらえる動きもある。

 電通総研や斎藤孝・明治大教授(教育学・コミュニケーション論)らが発起人となって発足した「家ナカ研究会」は6月、全国の子供がいる既婚男女1千人を対象に調査。以前より家で過ごす時間が増え、満足度も高い「巣ごもり家族」は240人で、うち約74%が週4日以上リビングに集まって過ごし、テレビや家庭用ゲームなどの娯楽アイテムを楽しんでいるという。

 斎藤教授は「大画面テレビや家庭用ゲーム機などを通じて家族と会話することで“お茶の間”感覚が戻ってきている」と分析。家族の結びつきを強め、アウトドアなどにつながる可能性もあると指摘する。

スポンサーサイト
【2009/08/03 10:34 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<事実を知ろう | ホーム | どうしました?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tracyhappinesslife.blog35.fc2.com/tb.php/1297-0f236ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。