スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
日本の対応はね
悪夢は終わった=解放の女性記者-米
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000004-jij-int

拉致された日本人の方々もうれしいことになると良いです。米国の行動派早かったと思いませんか?日本は?

8月6日0時45分配信 時事通信

 【バーバンク(米カリフォルニア州)時事】「ドアを開けるとクリントン元大統領が立っていた。その瞬間、悪夢が終わったと思った」-。北朝鮮から無事帰国した米カレントTVの女性記者ローラ・リンさんとユナ・リーさんは5日、涙にむせびながら約4カ月半ぶりに祖国の地を踏むと、苦しかった拘束生活を振り返った。
 2人を乗せた真っ白な機体は、夜明けを迎えたロサンゼルス近郊のバーバンクにある空港に着陸。滑走路をゆっくりと移動し、家族や記者団の待つ格納庫に入ると、「お帰りなさい」と書かれた緑色の垂れ幕に出迎えられた。
 機内から姿を見せたリンさんはタラップを降りながら大きくガッツポーズ。リーさんは、夫と娘に駆け寄って抱き合った。2人が勤めるカレントTVの共同創設者ゴア元副大統領も歓喜の輪に入り、帰国の喜びを分かち合った。
 代表して会見に応じたリンさんは「30時間前まで囚人だった。いつ収容所に送られるか恐怖でいっぱいだった」と心情を吐露。一方、「家族、友人らの応援を遠く北朝鮮でも感じることができて心強かった」と気丈な一面も見せた。 
スポンサーサイト
【2009/08/06 10:38 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<大阪でも成功するかな? | ホーム | 嬉しい人もいる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tracyhappinesslife.blog35.fc2.com/tb.php/1347-6a09e3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。